出会い支援

40代・50代・60代シニアの出会いは全然アリ!性先進国スウェーデンに学べ!

投稿日:

シニアダンス

40代・50代・60代、仕事もお金も余裕があって、プライベートの時間も取れるようになる頃ですよね。

落ち着いた大人の恋愛ができるようになるお年頃が、シニア世代です。

でも、年齢が高くなったら恋愛やセックスするのが恥ずかしいって風潮がありませんか?

出会いを求めていること自体、人に言えないような・・・

なつみ
あー。わかる気がします。ギラギラしてるっていうか・・・正直・・・
キモイってこと?
山田さん
クロエ
それは、なつみちゃんが50代の男性に言い寄られた場合でしょ?じゃ、おじいちゃんおばあちゃんが仲良く手を繋いでるのはどう?
なつみ
最高に素敵です!!そんなふうになりたい。

そうなんです。世間の目はそんなもの。

一部の超年上好きな若者と、割り切ったお金の関係でOKな子以外、年齢差の大きい人から口説かれるのは、ちょっと怖いんです。

同年代の男女が仲良くしているのには、全く問題がないというより、好感を持って見ていますよ。

40代・50代・60代、出会いを諦めるのはまだまだ早いです。

いくつになっても楽しめる愛の極意を、性先進国スウェーデンに学んでみましょう。

 

性先進国スウェーデンの大人の愛の事情

世界の国幸福度ランキングでも上位にあるスウェーデン。

以前はキリスト教の影響もあって、セックスも抑圧された状態でしたが、60年代後半から70年代前半にかけて、スウェーデンでは「性革命」が起こりました。

女性も性欲を隠さずに、自分の欲望に忠実になれる「セックスフリー」の革命が起こったんです。

現代では性教育は7歳から行われています。セックスを「いやらしい」ものではなく「愛する人と行う大切で楽しい行為」と教わるんです。

なつみ
え~!なんか全く日本と違うんですけど、何が参考になるんですか?!
クロエ
大人は焦らないのよ。

 

70代の6割以上が性生活を楽しんでいる?

老カップル

スウェーデンの70代男性の約65%は、積極的に性生活を楽しんでいるそうです。

ED治療薬が、中高年カップルに更なる革命を起こしたんですね。

いつまでもセックスを楽しめるコツは「パートナーへの敬意」パートナーへの思いやりを持つことで、いつまでも情熱や興奮を維持できるそうなんです。

クロエ
セックスは断然、心のつながりがあったほうが気持ちいいの。
あの、プロの技を超える?!すごい。
山田さん

 

熟年でも新しいパートナーが簡単に見つかるのは当たり前

海と老人

熟年離婚したり、パートナーと死別してしまった場合、スウェーデンではいくつになっても新しいパートナーを見つけることができます。

中高年の女性がナンパ待ちしたり、ネットでパートナーを探すことは当たり前な社会です。

しかし日本では、40代・50代・60代となると、性的なパートナーを見つけることが難しくなります。

援助など金銭が伴う関係がメインになっているのが現状ですよね。

それは、男性が自分よりかなり若い女性をターゲットにしていること、女性の性への解放が進んでいないことも原因だと思います。

真剣に新しいパートナーを探すにしても、セックスを含めた情熱的なパートナーというより、お茶や会話を楽しむ関係や生活を共にするといった意味合いが強いかもしれません。

なつみ
老後のためみたいな感じですね。
熟年女性のナンパ待ちは、日本ではありえないですよね。
山田さん

 

スウェーデン流セックスの極意

スウェーデン流セックスは、とにかく長い時間をかけます。夜が長く雪深い土地ならではの特徴ですね。

長い時間をかけるのはセックスの最中だけではありません。セックスの前段階での前戯をゆっくりと楽しみます。

ムードを高める音楽をかけ、お互いを褒めあい、楽しい会話をしながらワインを飲み、食事を楽しみます。

アロマを焚き、スキンシップをしながら気持ちを高めます。マッサージオイルを使って体をゆっくりとマッサージ。マッサージは男性が行っても女性が行ってもOK。

それから愛撫が始まり前戯、セックスに至るというロングセックスです。

なつみ
すごい気持ちよさそうです。
日本の休憩2時間とは全く違いますね。
山田さん

 

浮気が少ないのもスウェーデン流

シニアカップル

そんなセックスフリーなスウェーデンですが、浮気が少ないんです。

ノルウェー、フィンランド、デンマークなど他の北欧諸国は、浮気率ランキング10位以内に入るんですが、スウェーデンはランク外。

スウェーデンでは交際をする前にセックスをすることがあって、愛情だけでなく体の相性も見極めた上でお付き合いを始めることが理由なのかもしれません。

クロエ
セックスをパートナーとより深めることが、飽きない理由ね。
なつみ
それ素敵かも。

 

40代・50代・60代だからできる大人の出会い

さて、性先進国スウェーデンの熟年層の出会いとセックスの事情をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

そんな遠い海外の話をされても、イマイチぴんと来なかったでしょうか?

でも、もしあなたが自分と同じ年代のパートナーをお探しならば、このスウェーデン流の愛の極意を新しい出会いに活かすことをオススメします。

恋活中にライバルとの差別化を図れるだけでなく、あなた自身もい人生をもっと楽しむことができますよ。

 

まずは新しい出会いから 40代・50代・60代でも出会いはあります

手を繋ぐカップル

パートナーを探すには、まず行動です。

日常生活で出会いがない場合、積極的に新しい手段を取り入れてみるといいかもしれません。

新しい出会いを見つける方法には以下のものがあります。

・結婚相談所に相談する

・婚活パーティーに参加する

・カルチャースクールやサークルに参加する

・恋活サイトに登録する

なつみ
20、30代とそんなに変わりないですね。

 

結婚する相手と出会いたい:結婚相談所に相談する

今からの人生をずっと一緒に過ごせる結婚相手を見つけようと思うとき、結婚相談所を思いつきますよね。

全国の登録者の中から、自分の理想に近いパートナーを探してくれます。

以前と比べて登録料や会費はだいぶ下がったものの、やはり少し費用はかかります。

ちょっと敷居が高いですよね。
山田さん

 

結婚する相手と気軽に出会いたい:婚活パーティーに参加する

婚活パーティーは、各地域で開催されています。

結婚暦あり、年収○○万円以上限定、熟年世代限定など様々な趣向で行われていますので、あなたに合ったパーティーを選んで参加することができます。

参加費と身だしなみを整える費用、交通費等が必要なだけで、結婚相談所よりはリーズナブルに利用できます。

また、1対1のお見合い形式ではないので、多くの参加者との出会いがあります。

しかし結婚相談所のように、身元がはっきりしているわけではないので、既婚者だったり年収が違っていたりする場合もありますね。

なつみ
自己責任ですね。

 

趣味を通して出会いたい:カルチャースクールやサークルに参加する

シニアカップル草原

長期的に参加できるカルチャースクールや、趣味のサークルを探します。

例えば、英会話教室は40代からシニアクラスに振り分けられるケースが多く、同年代の方と知り合うことができます。

40代・50代・60代の出会いを目的とした、シニアサークルもありますので、地元でのイベントがないか確認してみるのもいいですね。

でも、もちろんサークルに参加している人が全員パートナーを探しているとは限りません。

将来一緒に過ごすパートナーとの出会いが目的なら、婚活や恋活がメインのサークルに参加する方がいいと思います。

なつみ
えー!サークルもあるんですね。

 

まずは気軽にスタートしてみたい:恋活サイトに登録する

抱き合うカップル

インターネットを使って、出会いの幅を広げてみるのもいいですね。

恋活サイトには、2種類あって会員登録無料で、気になった相手にメールを送るときなどにポイントを使うポイント制サイトと、月々一定の会員料金を支払って利用する定額制サイトがあります。

登録している年齢層も幅広く、18歳以上から70代までの男女が登録しています。

恋活サイトは、いつでもどこでも空いた時間に出会いを探すことができ、費用的に一番リーズナブルです。

気になる相手が見つかるまで、わざわざ出かけなくてもいいのが便利ですね。

メールのやり取りからじっくりとスタートするので、会話があまり得意ではない人にもオススメです。出会うまでのドキドキ感もありますね。

出会いを目的とした男女が登録しているので、パートナーを見つけるのには最適です。

ただし、中には金銭を目的とした体の関係を求めている人や、サクラ・業者が含まれていますので注意が必要です。

サクラや業者は簡単に見分けられるので、恋活サイトに登録するまでに確認されることをオススメします。

 

 

シニア世代にオススメの恋活サイト

今回は、一番手軽に出会いのチャンスを見つけられる「出会いサイト」をご紹介します。

出会い系サイト登録する前に、あなたに出会い系サイトが合っているか確認してみてくださいね。

恋活サイトがあなたに合っているか度チェック

□ 忙しくてあまり出かける時間がない

□ 色んな年齢層やタイプの人と知り合ってみたい

□ 初対面の人と話すのが苦手

□ メールをやり取りする相手が欲しい

□ 同じ趣味や価値観の人と出会いたい

□ あまり費用をかけたくない

□ 自分の好きな時間、空いた時間を利用してパートナーを探したい

 

一つでもチェックが入れば、出会い系サイトに登録してみることをオススメします。

女性は会員登録、サイトの利用は全て無料です。

男性も「定額制」サイト以外だと、無料で会員登録できますよ。

 

恋活サイトを利用しての出会いまでの流れ

恋活サイトでパートナーを探す流れを、ざっとご紹介します。

1.恋活サイトへ登録します。(ポイント制サイトは会員登録無料です)

2.年齢確認を行います。(18歳未満の登録を防止するためです)

3.検索機能などを使って理想のパートナーを探します。

4.気になる相手が見つかったらメールを送ります。

5.お相手からメールの返信があったら、メールのやり取りで親睦を深めます。

6.連絡先などを交換して、恋活サイト外でやり取りを始めます。

7.会う日程などを決めて、初対面となります。

 

関連記事

恋活サイトはどんなものなのか興味のある方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

出会い系サイトは現代のお見合い!出会い系サイトのメリットって何?登録しても大丈夫?

 

30歳以上を対象とした恋愛コミュニティ「華の会メール」


華の会メール公式サイトを見てみる

「華の会メール」は、30歳~75歳を対象としたシニア専門の出会い支援コミュニティです。

シニア専門の恋活サイトはここだけです。

40代・50代・60代の登録者が多く、シニア世代同士の出会いを見つけるのには一番最適なサイトです。

男女共に会員登録は無料でできますので、登録をしてみてどんな会員さんがいるのか見てみると楽しいと思いますよ。

華の会メールの詳しい内容・登録の仕方を見てみる

 

超大手で会員登録数は1400万人以上「ハッピーメール」

ハッピーメール公式サイトを見てみる

超大手マッチングサイトです。登録会員は1400万人以上

年齢層は比較的若いのですが、登録会員の多さが出会いのチャンスを増やすこと間違いなしです。

出会い系サイトに登録したことがないなら、まずは「ハッピーメール」から始めてみることをオススメしています。

会員登録無料、出会える確率が断然高いのがオススメの理由です。

ハッピーメールの詳しい内容・登録の仕方を見てみる

 

幅広い年齢層と日本屈指の会員数を誇る「YYC(ワイワイシー)」


ワイワイシー公式ページを見てみる

こちらも1400万人の会員数を誇るマッチングサービスです。

「ワイワイシー」は「ハッピーメール」よりも年齢層が幅広く、40代・50代・60代の方でも同じ年齢層の会員を見つけることができます。

婚活サービス大手のIBJグループが運営していて、安心感もあります。会員登録は無料です。

ワイワイシーの詳しい内容・登録方法を見てみる

 

幅広い年齢層の会員が真剣交際を求めている「ラブサーチ」

ラブサーチ公式サイトを見てみる

「ラブサーチ」は完全定額制のマッチングサービスです。

年齢層は18歳から60代と幅広く、シニア世代にオススメのサイトです。真剣交際を目的としているサイトなので女性会員が多いのが特徴です。

完全定額制については、こちらのページで詳しくご説明していますので、チェックしてみてくださいね。

ラブサーチの詳しい内容・登録方法を見てみる

 

まとめ:シニア世代の出会いにスウェーデン流のエッセンスを活用してみる

日本でも晩婚化が進み、40代・50代・60代でパートナーを探している人は多くいます。

以前はシニア世代が新しいパートナーを探すことは恥ずかしい風潮でしたが、現在では多くの方がパートナーを探していて、シニア世代向けサークルや恋活サイトが賑わっています。

そんな中、ライバルたちに差をつけるのがスウェーデン流の愛の極意です。

パートナーへの思いやり、敬意を大切にして、ゆっくりじっくりと気持ちを高めあっていくのはいかがでしょうか?

会話を楽しみ、食事や趣味を通じて打解け合い、自分をさらけ出して認め合い、少しでも変わろうとすることで、大人の恋愛は成熟していきます。

そんな余裕のある恋愛ができるのは、シニア世代の利点です。

新たな恋で第2の人生が盛り上がりますよ!

-出会い支援

Copyright© 毛皮のクロエ , 2020 All Rights Reserved.