セフレの作り方

セフレ向きな女って?作る前によく考えておきたいメリット・デメリット

更新日:

セックスフレンド

セフレ、恋人でも友達でもない特別な関係。

基本的には50:50、嫉妬や束縛のない、お互い自由なスタンスで、セックスを楽しむ大人な関係です。もちろん金銭のやり取りが発生しないのがセフレ。

その自由な関係は、男性にとっても、もちろん女性にとってもメリットがあるものです。

セフレ欲しい!というあなた、ちょっと待ってください。本当にあなたに必要なのはセフレでしょうか?

セフレを作る前に、それがあなたの体質に合っているかどうかチェックしてみてくださいね。

ミイラ取りがミイラになった、泥沼恋愛が嫌で始めたセフレ関係だったのに・・・なんてことにならないように、もう一度今の自分の恋愛観をチェックです!

なつみ
男性にとってはメリットばかりなような気がしますけど。
クロエ
女性にとってもメリットはあるのよ。でも、セフレ関係が自分に合っているかどうかが一番のポイントよ。
僕、なんか無理そうです。
山田さん

 

セフレを作るのに適した人ってどんな人?

まずは、セフレを作りたい目的について思い浮かべてください。

性欲を満たしたい、いつでも気軽にヤレる相手が欲しい、彼氏・彼女に性癖がバレたくない、寂しい。

理由は人それぞれあるとは思いますが、ここで「恋人が欲しい」と思っている人はセフレ作りをするのはNGです。

理由は後で詳しく書きますが、セフレから恋人の関係になるのは、ハードルが高いというのもありますし、恋人が欲しいという精神状態のときは、真剣に恋人を探すのが一番です。

まぁ、当たり前な話なんですけどね。

 

あなたはどっち派?セフレを作るのに向いているかどうかの5つのチェック

まずは、あなたがセフレ関係を築くのに向いているかをチェックしてみましょう。

1.恋人を作るのが面倒

恋人

とにかくわずらわしい関係は嫌、恋愛を一からスタートさせるのが面倒臭い。結婚にも興味がないし、まだしたくない。

恋人との関係は疲れるし、重たい。

という場合は恋人よりもセフレ関係のほうが断然楽ですね。

 

2.自由万歳!

恋人に時間や友人関係を縛られるのは嫌。自由にセックスしたいし、自分も相手を縛る気はない。

今を楽しんでいたいし、色んなプレイを楽しみたい。

とにかく今は自由でいたい!!という場合にもセフレは最高です。

 

3.仕事が楽しくて忙しい

デスクワーク

仕事が忙しくてデートの時間が取れない。恋愛よりも仕事が楽しい、今は仕事だけで手一杯。

でも疲れたときは誰かにいて欲しい、ストレスを溜めたままは嫌、そんな時は異性の話し相手やセフレがいるといいですね。

 

4.自分のペースがある

自分のペースを持っていて、人に合わせすぎないこともセフレ関係を築く上で重要です。

セフレの予定に合わせて、自分のスケジュールを無理やり調整するようでは恋人と同じです。

自分のペースとパートナーのペースが自然と合うのが一番ですが、なかなかそううまくはいきません。自分とパートナーのペースのバランスをうまく取ることが大事です。

相手に合わせ過ぎてしまう人は恋人を探したほうがいいかもしれません。

 

5.感情の切り替えが得意

セックスすると、愛情が沸いてしまう場合が多いのは確かです。その感情を冷静に切り替えられるかがセフレを作る上で重要です。

割り切った関係を続けるには、自分の感情と上手に向き合う必要があります。

惚れやすい、超寂しがり屋など恋愛体質な人はセフレ関係を続けるには難しいと思います。

クロエ
自分のライフスタイルに合っているかどうかが重要よ。
あれ?意外と合ってるかも。
山田さん

 

セフレには手を出さないほうがいい3つのタイプ

恋人

セフレ関係にならないほうがいい人のタイプをチェックしてみましょう。

これは、現在彼氏・彼女がいる人も同様です。

 

1.恋人募集中

恋人が欲しいときは、セフレは必要ありません。

恋愛のドキドキ感を味わいたい、一人の人と長くお付き合いしたい、結婚も視野に入れている場合は、セフレ関係は結ばないことがベストです。

 

2.すぐ人を好きになる

ちょっとしたことで人に好意を寄せてしまう、セックスしたら愛情が増す人はセフレには向きません。

恋愛体質の人は要注意です。

軽い気持ちでセックスして好きになってしまったら大変です。相手からは重いと思われるので、お付き合いは続きません。

自分が傷ついてしまうだけなので、恋人を探してください。

現在恋人がいる人にとっては、ちょっとした出来心からの浮気でも恋人との関係が破綻してしまいますので要注意です。

 

3.相手に依存してしまう

自分をしっかり持った人とでないと、セフレ関係を築くのは難しいです。

寂しいからとべったり依存してしまうと、都合のいいセックス相手としていいように利用されて終わりです。

流されやすく、パートナーに依存してしまう人は50:50の関係を築けません。

男女ともにメリットがあってこそのセフレです。お互いがセックスを楽しんでいないと、ただのセックスの道具でしかありません。

女の子の場合、好きな人に振り向いてもらおうと体を許すと、ズルズルと体だけの関係を続けることになりますよ。

クロエ
彼が好きで体だけの関係でもいいって女の子、後でゆっくりお話しましょうね。

 

セフレを作るメリットとデメリット

セフレ関係でいることは、いいことばかりではありません。

まずはメリットとデメリットを頭に入れておいて、トラブルのないようにしておきたいですね。

 

セフレがいることのメリット

1.性欲が満たされる

セックス

セフレ関係を結ぶということは、合意のもとセックスを重ねるということですよね。

ムラムラしてどうしようもない時、または定期的に都合さえ合えば性欲を満たすことができます。

彼氏・彼女に自分の性癖を明かせない、大胆なプレイを楽しめない場合にも、セフレなら大胆でマニアックなプレイが心の赴くままに楽しめます。

体が合う相手としかセフレとして長続きしないので、良質なセックスを探求することができます。

良質なセックスを重ねると、セックスもうまくなりテクニックも磨けます。

最高のセックスを楽しむという点が最大のメリットです。

なつみ
好きじゃない人とのセックスでも気持ちがいいんですか?
クロエ
体を許しているって時点で、何らかの好意は持っているはずよ。

 

2.面倒な人間関係が少ない

束縛や嫉妬とは無縁の関係を築くことができます。

中には名前と連絡先しかしらないという関係もあります。これは極端な例ですが、相手を深く知る必要がないことも確かです。

長くセフレ関係を続けていると悩みなどの相談を受けたり、仕事や人間関係のグチを聞かされることもありますが、男女関係のドロドロした感情とは違うので冷静に対応してあげられます。

セフレ関係を続けていくならば、たまには食事やちょっとしたデートも必要ですが、気の知れた相手なので自分の息抜きとして楽しむのもいいですね。

ややこしい人間関係を考えず、自分の時間を有効に使え、さっぱりした関係でいられるのは心地がいいものですよ。

 

3.どうしようもなく寂しいときに相手がいる

寂しい

人肌が恋しくて切ないときってありますよね。

そんな寂しさを紛らわせることができるのもメリットです。

いつも誰かにいてもらいたい、好きな人がいないと生きていかれない恋愛体質でなくても、時折急に寂しくなるときがあります。

寂しい気持ちをごまかしたり、落ち込んでいるとき気持ちを回復させるためにもセフレがいることはメリットですね。

失恋して傷心しているとき、心と体を癒せる場所にもなります。

 

4.モテるようになる

女性の場合はセックスできれいになることができます。

セックスの快感によって女性ホルモンが分泌されるので、肌のつやが良くなったり女性らしくなることができます。

見られていることで常に体型を意識し、ダイエットも意欲的に行うことができます。

男性の場合は余裕が出ることでモテるようになります。

女の子に困っていない、パートナーとの関係で女性を扱うことが上手になる、身なりも気にするようになるなど、女性にモテる要素が増えます。

なつみ
なるほど。女の子にもメリットはあるんですね。
クロエ
そうね。もちろん自分をしっかりと持った独立した女性に限るわ。

 

セフレ関係のデメリット

1.知らない間に相手を好きになってしまう・相手から好かれてしまう

恋心

一番のトラブルの原因は気持ちのコントロールがうまくいかなくなったときです。

多少なりとも相手のことが好きでなければ、セックスを重ねることはできません。その「好き」という感情を切り替えることができなければ、関係は破綻してしまいます。

セフレを好きになってしまったら、その感情を隠すことができずに相手にぶつけてしまうでしょう。そのことで相手は重く感じてしまい、関係は終わります。

もし、好きになったパートナーと恋人になれたとしたら、他のセフレ関係を全て解消して恋愛すればいいだけのことです。

でも、セフレから恋人になるハードルはかなり高いことを頭に入れておいてください。

クロエ
お互い辛い関係になるのは避けたいわね。
やっぱり僕には、恋人関係より難しく感じます。
山田さん

 

2.性病の危険性・妊娠の可能性

ピルとコンドーム

パートナーは複数の人とセフレ関係を結んでいる場合が少なくありません。

性病は自覚症状がないものも多く、発症するまで気づかないこともあります。複数の人とセックスをするということは、性病にかかるリスクも高くなります。

中には命にかかわるような性病もあるので、パートナー選びは慎重に行う必要があります。

現在は自宅で簡単に性病のチェックを行うこともできますので、定期的に検査をしておくといいかもしれません。

100%の避妊方法はありません。ピルを飲み忘れたり、コンドームが破れてしまったり、妊娠する可能性は避けられません。

その場合の女性への負担は限りないものです。お互いに人生を左右することに繋がるでしょう。

 

3.彼氏・彼女持ち、既婚者の場合は破局の危機

恋人・結婚相手がいてセフレを作る場合は、ただの浮気です。

恋人・結婚相手に優しくなれる、うまくいってない場合は心の隙間を埋められるなどメリットもありますが、セフレがいることがバレてしまった場合は破局の可能性が高いですね。

浮気物のレッテルを貼られ、別れる場合も多いでしょう。

 

4.婚期を逃してしまう

結婚

セフレとの関係で満たされてしまうと、面倒な恋愛をしなくても済みます。恋人を作る意味や結婚について考えることを忘れてしまうかもしれません。

とにかくプライベート、仕事ともに充実しているので、面倒なことを避けてしまいがちになります。

若いうちはセフレといい関係を続けられたとしても、歳を取るとどうでしょうか?歳を取ってももちろん需要はありますが、若いときほどではないでしょう。

もし、将来的に結婚を考えているのであれば、時期を逃さずに恋人を探す方向へシフトチェンジすることを忘れないようにしてください。

なつみ
ハイリスク・ハイリターンですね。
後悔しないように選択しないとですね。
山田さん
クロエ
そうね。自分に合ってるかどうかが一番重要なのよ。

 

セフレ関係を長続きさせるにはどうすれば?

セフレ関係が長期化すれば、その分メリットもデメリットも大きくなると思って間違いありません。

そうは言っても体の相性が良く、割り切った関係ができる相手を見るけるのも簡単ではありませんね。

そんな時に少しでも楽な関係でいられるポイントをご紹介します。

 

セフレ関係を泥沼化しないためのポイント

関係が長引いてくると、パートナーから自分はどんな存在なのか聞かれることがあると思います。最初からセフレとわかっていても、こういう疑問は沸いてくるものです。

セフレを続けていく常套手段としてよくあるのがこの2つです。

1.恋人関係であるかどうか曖昧にしてセフレ関係を続ける

2.恋人と勘違いさせてセフレとして扱う

しかし、これではパートナーを傷つけてしまう可能性が高いのも事実ですし、50:50の関係にはなれません。

「浮気」ではなく「セフレを作る」という目的だけで見るのなら、そのことに対して嘘をつくのはみっともないですね。

「セックスを楽しむ関係」であることを常に伝えることが大切です。

 

もし、セフレを好きになってしまったら

関係を長く続けていると、愛着が沸いたり依存してしまったり、体だけでなく精神的にも親密になりたいと思ってしまうこともあるでしょう。

セフレパートナーを好きになってしまったときは、セフレ関係を全て解消して新たに恋人を探すときがきたと思ってください。

セフレから恋人になることは、かなりハードルが高いんです。パートナーに自分の気持ちを打ち明けて、セフレ関係が壊れたときがチャンスです。

それは、あなたが別の恋愛を見つけるためのステップです。

クロエ
そのときのあなたは、以前よりモテるようになっているはずよ。

 

関連記事

セフレを作って性を満喫することが自分に合ってるという人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

男性向けの記事ですけど、女の子も「こんなパートナーを選べば間違いない」ということがわかるかもしれませんよ。

セフレ王子直伝|極上女性セックスフレンドの作り方

本当に出会えた優良出会い系サイトランキング

ハッピーメール

女性人気も高く「出会える」日本最大級の出会い系サイト。

男女比6:4は業界トップクラスです。

真面目な出会いから即会いまで様々なニーズに応えられる優良サイトです。

PCMAX (ピーシーマックス)

アダルト寄りだけど健全な優良出会い系サイト。

ちょっとエッチな雰囲気なので、出会ってからの展開が早いです。

セフレ作りには必須なサイトです。

ワクワクメール

幅広い年齢層に人気の優良出会い系サイト。

ポップなイメージで若い女の子にも人気です。

会員数も多く活気のあるサイトです。

-セフレの作り方

Copyright© 毛皮のクロエ , 2020 All Rights Reserved.